エフィカシーはゴールを達成する自己能力の自己評価です。

今回はエフィカシーについて、少し掘り下げてみよう。

今の自分が出来ることを、出来て当然だと誰もが思うはず。

本当に出来ることは、いちいち意識しないと思います。

無意識化されているからです。

無意識で出来ると思っているということは、ブリーフシステムの一部になっているということ。

「こういった理由があるから自分は出来ている」

なんて言う人もいると思うが、それは過去ゴールを達成する過程で身に付けた能力。

それは後付けです。

どんな人でも、現状の外側のぶっ飛んだゴールを設定した時点で、全く出来ない状態からスタートします。

根拠は過去です。

現状の外側のゴールは当然未来、ゴール達成に根拠があると逆におかしいということになります。

だが、出来ると思わないことに挑戦するだろうか。

エフィカシーは自分で心から出来ると思うだけでいい。

そして思い続ける。

心から出来ると思うだけで全く違う人間になってしまう。


出来ると心から思えない人は、エフィカシーが下がってしまうとことはないだろうか。

これはエフィカシーの定義からすると必然だ。

ではエフィカシーを上げるためには、どうすればいいのか。

一つ目は、ゴールに対して、アファメーションやセルフトークのコントロール徹底する。

これはエフィカシーを上げるトレーニングです。

初めは実感が湧かないもの、続けることで実感が湧いてきます。

意識的に行うことは、はじめは上手くいかないものです。

要は慣れ。

いつの間にかゴールを達成して当然のマインド(脳と心)を身に付けていることでしょう。

さらにその先は、エフィカシーを考え無くなります。

下がることは、まず無いでしょう。

放っておいても、いつの間にかエフィカシーが上がっています。

エフィカシーに限界はない、最も上げてしまおう。

エフィカシーは自分の好きなように上げられる。とても素敵なツールなのです。

エフィカシーが高ければ、失敗すらも楽しめることでしょう。

二つ目は、実際にコーチングを受けてしまう。

実際のところこれが一番早い。

私もそうでした。

コーチの役割は、クライアントのエフィカシーを上げることなので、当然の様にエフィカシーが上がります。

エフィカシーを上げることはマインドを使いこなす第一歩でもあります。

勿論、コーチングを受けなくてはいけない訳ではないので、自己判断です。

絶対に下がらないエフィカシーでは無く、エフィカシーを上げ続けるマインドを身に付けて欲しいですね。