コーチングを学んでいるのに、自分が中々変わらないと感じている人はいるのではないでしょうか。

学んでいるのに変わらないのなら何かに問題があるはずです。問題を追及することもコーチングを学ぶことになります。

コーチングを学ぶとは一体どういうことだろう。

理論を知る、理解する、あるいは理論を使って人に働きかけてみる。

これはどれも素晴らしいことであるが、果たしてこれだけで本当に学んだことになるのでしょうか。

コーチングには、エフィカシーという概念がある。これはゴールを達成する自己能力の自己評価のことです。自己能力の自己評価なのだから人の評価は一切関係はない。

コーチングでのゴールは、現状の外側に設定するもの。現状の自分では達成出来ないものなのだからビビって当然です。

少しでも出来ないと思っているゴールを達成することは不可能です。様々な技術を使って、ゴールを達成して当然のマインド(脳と心)を作っていきます。

そしてゴールを達成するマインド作りの第一歩がエフィカシーです。

しかしマインド作りの第一歩であるエフィカシーが時々下がってしまうことがあるようです。

コーチングの学びをより深めるために、絶対に下がらない強靭なエフィカシーの作りの方を解説しましょう。



例えば、高価な楽器を持っていても、楽器を使いこなす技術がなければ上手く活かすことはできない。コレクターなどは例外だが、実際に演奏する者においては良いことではないでしょう。 

技術を上げるためには練習が必要です。練習をすることでゴールを達成するために必要な技術と同時に、エフィカシーも鍛えることが出来ます。

絶対に下がらないエフィカシーを身につけるためには、上げるというより鍛えると考えた方がしっくりくるでしょう。

一時的にエフィカシーを上げることは簡単だが、それだけではせっかく高めたエフィカシーが安定しない。

だからこそ一度上げたエフィカシーを徹底的に鍛える必要がある。

鍛えるとは、一度上げたエフィカシーが下がらないように維持をするということと、ここでは定義しましょう。

さらに、強靭なエフィカシーを身につけたければ、情報空間だけでなく物理空間も変えてしまうことが一番早い。

確かにアファメーションやセルフトークのコントロールだけでもエフィカシーを上げることが出来るが、我々人間が最も臨場感を感じている場所は物理空間です。

自らの身体を使って、物理空間をコントロールしていくことで、より強靭なエフィカシーが身についていくのではないでしょうか。

情報が先、物理が後なので、物理空間に降りてくるまでは時間がかかるが、それはあくまで抽象度が違うだけで同じものです。

絶対に下がらない強靭なエフィカシーを身につけるためには、情報空間と物理空間のどちらも必要です。

そして巨大な身体を身につけることで自らも進化し続ける。その身体から生み出される、人への働きかけは圧倒的な影響力があるはずです。

理論を自らの身体で体現し、操作をすることで、初めてコーチングを学んだと言えるのではないでしょうか。


ゴールを確実に達成するためには、自分に対してセルフコーチング仕掛ける必要がある。 

今回は、そのなかのひとつを紹介したいと思う。

人は、ゴール達成が近付くとエネルギーが切れそうになってしまう。そのまま ゴール寸前で止まってしまうことがある。 

ゴールが現状に入ってくると、それに合わせてエネルギーが無くなってくる。

エネルギー切れを防ぐためには、ゴールを達成をする前にゴールを先へ先へと更新し続ける必要がある。 

現状とゴールのギャップが自分にエネルギーを与えてくれるということだ。

(エネルギー、これはゴール達成に必要な無意識の動き(力)とでも考えてください。)

これを元祖コーチである、故ルータイスはゴム紐理論と例えています。


ここからは、ゴール達成を確実にするセルフコーチングについてです。 

エネルギーが切れてしまうことを、セルフコーチングにおけるミスだと定義してみましょう。

どういうことかと言うと、楽器演奏でもスポーツでもルールがあり、ミスと定義されていることがある。そのセルフコーチング版とでも考えて欲しい。 

ミスをしたいかしたくないかと問われたら誰もがしたくないはず。

だが、ミスをしないためには自分を磨くしかない。

先ほどの例に例えると、ゴール達成が近付いたら、すぐにゴール更新。そうすれば無意識(体)は勝手に動き出す。エネルギーが切れることなんてない。 

自分が動くというより、自分を外側から見て動かすと捉えたほうがいい。

(自分を動かすとは、いつの間にか勝手にやっている状態を意図的に作るということです。)

文章にすると簡単なことではあるが、意外と出来なかったりする。

何故だろうか。
答えは簡単、無意識だから気が付かない。 

理論を学ぶことは、確かに素晴らしいことであるが、身体に落とし込むこと(体感)で初めて理解が深まるというもの。 

理論と体感はセットだと考えた方がいい。

だが、理論には強いが、身体に落とし込むことが苦手な人が多いようだ。

理論はゴール達成のツールである。
理論を使いこなさなくてはゴール達成に支障をきたすこともある。

(実際のところゴールを達成出来たらいいので、これについては断言できない、あくまで可能性があるということです。) 

理論を身体に落とし込むことは、練習や修練に該当するもの。これについては避けては通れない。

やってりゃ慣れるって話でもあるが、それは出来るまでやったからであって、結局は練習と同じことである。

身も蓋もない話でもあるが、慣れるまでは練習が必要だということ。

要は、練習するマインド(脳と心)をブリーフシステム(信念体系)に組み込んでしまえばいい。

もっと簡単に言うと、自分自身に練習癖をつけてしまうということ。

練習をするマインドを作ってしまえば、ゴール設定次第で、どんなことにでも挑戦できる。

体感(無意識の動き)が上手く出来るようになれば、エネルギーが切れそうになる自分に気が付いて、自らの力でゴールを更新できるはずだ。

これが出来るようになれば、一生ゴールを達成し続ける人生があなたを待っているはずです。

私自身の話であるが、理論を身体に落とし込むことで、ゴールが達成されることがよくある。  

そのときは必ず、ルータイスの40年、苫米地博士の30年以上の研究成果が詰まった理論の素晴らしいさに感動してしまう。

この感動を味わうだけでコーチングがより好きになって、楽しくなるはずだ。 

一生やってもやりたりないような体感が訪れる。

そんなゴールを設定してみるのも良いのではないだろうか。



無料メルマガ。



ブログでは書かない自らコーチング理論を体に落としてこんで出た結果や体験を深く掘り下げてお伝えします。






↑このページのトップヘ